歯科の営業と技法とは

歯科の営業と技法について

歯科技工士の医院営業の貢献

歯科技工士は、医師の指示をもとに入れ歯や差し歯などを製作、加工します。資格を取得し、医院での活躍は、営業成績にも大きな貢献をしています。患者の失われた歯をもとのようにして、機能を回復させます。歯並びを治す矯正装置、人工歯根を埋め込んで失われた歯を修復するインプラント技工、白く美しい歯のためのホワイトニング用マウスピースなどがあります。その技能と実力は、歯科医院の評判を良くし、営業成績につながります。歯の治療の保険診療、自由診療などの保険適用にも関係します。患者に信頼され、やりがいを感じる仕事です。

歯科を開業するにあたっての営業

歯科を開業する人にとって悩みの種の1つであるのが営業です。他のサービス業とは異なり、目に見える商品ではないのでいかにアピールしていくかがポイントになります。特にこれから新しく開業するのであれば、地元に根付いた取り組みがそのまま営業に直結していきます。例として、小中学校の歯科衛生の出張講義を担当する、あるいは地元の文化会館などで、半年に一回無料で歯石除去サービスなどをして、腕をお客さんに診てもらうことが必要になります。名前を売ることでお客さんとの間に信頼関係が出来、歯の問題が起こったら、そこへ行こうと思ってもらえる可能性が非常に高くなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の営業時間は何時までか All rights reserved